一般社団法人 SDGsマネジメント

Consulting

SDGs経営コンサルティング

SDGs経営を推進し、
新たな企業価値をデザインする

SDGsという世界が取り組む社会課題は、経営にとってこれから起こりうる未来予測であるといえます。
SDGsマネジメントでは、SDGsという視点で、企業の価値を
Reデザインすることで、日本企業のイノベーションを推進し、日本の国力、経済力をあげていこうと考えています。
これからの企業に必要な「脱平均経営」の実現、「共感」が集まる仕組みの提供、「パートナーシップ」によるイノベーションを起こすきっかけを提供します。

SDGsは遠い世界の話ではない

SDGsという世界の目標を、賛同表明するだけでなく、その達成のために、日本や各地域、そして企業、 個人が具体的な指標を持ち、行動目標をたてなければいけません。 SDGsという視点から、企業が明確な目標とその指標を示し、共感を生むストーリーと共に発信するところまで支援します。 企業が掲げる指標はそこに所属する個人やその家族にまで 波及し、社会全体が持続可能な世の中に向けて具体的な行動を起こすことを目指します。

世界が目指す17の目標

SDGsという社会課題の解決から
新たな企業価値=イノベーションを推進する

Consulting menu

コンサルティングメニュー

STEP1

SDGsの理解推進

(1)SDGsセミナー「エントリーセミナー」の開催

STEP2

SDGsの視点から経営をデザインする

(2)SDGsマッピングによる使命の見直し、事業の棚卸しを行い事業のSDGs関連性を検討
(3)SDGsストーリーメイクにより「共感」を生み、パートナーシップを生む発信を行う

STEP3

新たな事業のモデルの実現と収益化

(4)SDGs推進計画書を策定し、取り組みとその効果を発信、メディアの選定やWebページの作成
(5)認定証の交付とSDGs関連省庁への推薦

事例紹介

SDGsインディケーター検討委員会

SDGsは社会課題に対して全世界で向かう共通のゴールです。これらの社会課題に企業が取り組みゴールに向かうためには、具体的な指標(indicator)と達成度を評価しれなければなりません。SDGsマネジメントでは、日本と地域が取り組むべき指標を明確にし、企業が取り組む事業指標と整合性をとることにより、企業がビジネスとして社会課題に取り組むことを推進しています。

SDGsインディケーター検討委員会